農産物の付加価値を高める加工技術の研究・開発、4 過熱水蒸気によるでん粉の湿熱処理技術

農産物の付加価値を高める加工技術の研究・開発、4 過熱水蒸気によるでん粉の湿熱処理技術

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県大隅加工技術研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2015
概要目的:サツマイモでん粉の用途拡大を図るため,異なる処理条件(水分等)で過熱水蒸気処理を実施した湿熱処理でん粉について特性を評価する。、成果:過熱水蒸気の処理条件(水分等)が粘度特性及びゲル特性に与える影響を調査した結果,水分の違いにより,粘度特性やゲル特性が異なる性質をもつ湿熱処理でん粉を作ることができた。過熱水蒸気処理でん粉はドラムドライ式のα化でん粉とは異なる粘度特性を示し,またゲル物性は未処理でん粉よりももろい破断特性を示すことを明らかにした。
研究分担大隅加工技術研究センター
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat