、ニガウリ異常症の対策技術の確立

、ニガウリ異常症の対策技術の確立

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25~H27
年度2015
概要ニガウリの摘心や着花時期に新葉が縮れ、、節間の伸長が抑制されたり、枝に捻れや亀裂が生じる異常症状が農家圃場で発生し、問題となっている。、農家ほ場で、透明マルチを用いた保温効果や、発根促進剤を用いた対策試験を実施したが効果は見られなかった。原因の特定に至っていないが、養分集積圃場で、多発する傾向にあると思われる。
研究分担土壌環境班、
予算区分国庫補助、(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234520
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat