県産パインアップルに発生する小果腐敗症の原因解明および防除技術の開発

県産パインアップルに発生する小果腐敗症の原因解明および防除技術の開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-30
年度2015
概要目的:パインアップルに発生する小果腐敗症の原因解明を行い、防除技術の開発を行う。、成果:小果腐敗病菌(F. ananatum)の菌糸伸長および分生子発芽に対して、ホセチル、キャプタンおよびベノミルで効果が認められた。農薬登録があるキャプタン水和剤を圃場レベルで本病に対する防除効果について検討した結果、小果腐敗率で低下する傾向を示したが、実用化できる効果ではなかった。
研究分担病虫管理技術開発班
予算区分国庫補助、(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234543
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat