亜熱帯地方での追加立茎・親茎更新技術の適用による長期取り新作型の開発、、

亜熱帯地方での追加立茎・親茎更新技術の適用による長期取り新作型の開発、、

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2015
概要沖縄県は、年間を通してアスパラガスの萌芽が可能な温度条件を有するが、夏季の台風対策や冬季の低収量等の課題がある。台風襲来時期に追加立茎・親茎更新により貯蔵根への光合成産物の蓄積を行い、さらに冬季の萌芽の温度条件を明らかにすることにより、国産アスパラガス端境期を含む10月~5月に生産可能な作型を検討する。
研究分担野菜花き班
予算区分受託、(農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業)、、
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234557
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat