、苦味や機能性で差別化できるゴーヤー育種素材の育成

、苦味や機能性で差別化できるゴーヤー育種素材の育成

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要ゴーヤーは本県の特産野菜の一つであるが、特有の苦みに対する嗜好性は様々であり、水にさらしたり塩もみなど苦みの低減作業を必要としない低苦みゴーヤー品種の開発が望まれている。そこで、保有している遺伝資源と固定化している交配父母本について、食味センサーを用いた味分析により苦みの比較を行う。
研究分担野菜花き班
予算区分県単、(基盤型研究)、
業績(1)園芸施設に利用する丸型鋼管自動穴あけ装置の開発
(2)development of the material of truss structure greenhouse compatible with cost reduction and reinforcement against typhoons
(3)防風カーテン装置
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234558
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat