宮古地域に適した生食用タマネギの安定生産技術の確立

宮古地域に適した生食用タマネギの安定生産技術の確立

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27-H29
年度2015
概要1.生産現場での技術問題、 宮古地域では冬春期出荷の生食用タマネギの栽培が行われているが、これまで栽培されてきた品種の種子販売が終了することに伴い、代替品種の選定が望まれている。また、タマネギは品種によって生育特性が大きく異なるため選定品種に適応した栽培技術の確立が望まれている。、2.開発技術名及び期待される効果、 宮古地域に適した品種の選定におよび品種の特性に合わせた栽培技術より安定生産が期待できる。
研究分担宮古島支所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234608
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat