遺伝子組換え作物・カイコを用いた有用物質生産の実用化技術の開発

遺伝子組換え作物・カイコを用いた有用物質生産の実用化技術の開発

課題番号2016029311
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2016-2020
年度2016
研究問題地域資源を活用した新産業創出のための技術開発
大課題(9)農業生物の機能解明に基づいた生産性向上と産業利用のための技術開発
中課題遺伝子組換え作物・カイコを用いた有用物質生産の実用化技術の開発
大項目(2) 中長期的な戦略の下で着実に推進すべき研究開発
中項目③ 農山漁村に新たな産業や雇用を生み出す
摘要組換え植物については、高血圧時特異的降圧作用を有する遺伝子組換えイネを150系統作出し、実用化候補系統を13系統に絞り込んだ。組換えカイコでは、糖鎖修飾改変技術の開発を進めるとともに、系統流出防止等のための不妊化に関する基盤技術、及び新たなゲノム編集法を開発した。また、カイコで生産した乳がん検査用抗体による効率的な検査法を開発した。
協力分担関係大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター
東京慈恵会医科大学
(株)大塚製薬工場
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236040
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat