水稲直播栽培用高位安定性品種の早期開発

水稲直播栽培用高位安定性品種の早期開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2016
概要目的:水稲の中期世代の選抜強化により、水稲直播栽培用品種の開発を促進する。
成果:①低温発芽率と低温苗立率の間には高い正の相関が認められたが、両特性と圃場苗立率との相関は低かった。②低温発芽率は5系統が「ほしまる」より高かった。低温苗立性は“弱”の「ほしまる」に対し、“中”が1系統、“やや弱”は20系統であった。圃場苗立率は2系統が「ほしまる」より高かった。③これらの結果および適応性検定試験の結果から「空系15128」を“やや優る”と判定した。
研究分担研究部水稲G
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236190
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat