農業用廃プラスチックの地域内資源循環システムの社会実装に係る研究

農業用廃プラスチックの地域内資源循環システムの社会実装に係る研究

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2016
概要目的)地域内資源循環の低コスト化に向けた最適なレイアウトについて検討する。十勝農試は、農業残渣の圃場搬出に係る基礎データの計測とその回収に係る経済性を検討する。
成果)長いもネットの回収・利用において回収料金が5,000円/10aを超えると、現状よりも農家の費用負担額は増加する。小豆殻の回収・利用において小豆殻の買取価格が1,000円/ロールを下回ると農家の費用負担額が増加することが懸念される。一方、ペレット材料費の観点からすると、実証試験における加工歩留りを想定すると、①現行の町施設と同程度の材料費の達成には、小豆殻の買取価格は5,000円、②理論値(目標値)の達成には、買取価格3,000円が上限となる。
研究分担研究部・生産システムグループ
予算区分受託(北海道)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236302
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat