たまねぎ新品種「ゆめせんか」の加工特性解明と高品質安定生産技術確立による需要促進

たまねぎ新品種「ゆめせんか」の加工特性解明と高品質安定生産技術確立による需要促進

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~28
年度2016
概要目的)たまねぎ新品種「ゆめせんか」の加工特性上の優位性とその機作を明確にする。また、実需者が求める内部品質(乾物率11%以上、Brix9以上)の維持と、より多収を得るための安定生産技術を確立する。さらに、長期貯蔵(翌年5月末まで)の可能性を検討し、安定的に供給することにより、需要の促進に資する。
成果)実需と連携し、焦げ色がつきにくい同品種の特長のほか、密植適性と貯蔵特性を明らかにし、加工上の優れた適性と実用性を示した。
研究分担研究部・地域技術グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236321
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat