輸出向け低コスト生産に向けた直播たまねぎの球肥大改善及び長期貯蔵技術の検討

輸出向け低コスト生産に向けた直播たまねぎの球肥大改善及び長期貯蔵技術の検討

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完28
年度2016
概要目的)道産たまねぎの輸出拡大に向けて、低コスト生産につながる直播栽培におけるたまねぎ球肥大の改善、および、直播たまねぎの周年供給を実現する技術開発の可能性を検討する。
成果)生育期間の天候不順等により生育遅延、虫害が多発したものの、分施の比率および時期による球肥大効果が明らかであった。
研究分担研究部・地域技術グループ、生産環境グループ
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236337
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat