マナマコ資源増大研究Ⅱ.DNA標識技術を利用した放流追跡調査

マナマコ資源増大研究Ⅱ.DNA標識技術を利用した放流追跡調査

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部函館水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
H26~H29
年度2016
概要重点研究によって開発された長期間有効なDNA標識の技術を利用してモデル地先に放流したマナマコ人工種苗を追跡調査することにより放流種苗の成長、分散、残留率を明らかにする。さらに、人工種苗の回収場所(滞留場所)の環境条件を調べ、効果的な放流条件を検討する。
研究分担調査研究部
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236602
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat