水田農業を核とした土地利用型農業技術の現地実用化に関する研究

水田農業を核とした土地利用型農業技術の現地実用化に関する研究

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~H28
年度2016
概要目的:水田農業の経営安定化技術として、水稲のV溝乾田直播、疎植栽培等の実証試験を行う。
結果:水稲V溝乾田直播の広範囲な現地適応性を確認し、水稲疎植栽培による飼料用米の省力多収生産技術を開発した。水稲跡小麦V溝播種栽培及び大豆晩播狭畦栽培による経営規模拡大に向けた最適化技術を実証した。水稲と大豆の交互輪作において、牛ふん堆肥施用で地力維持可能なことを明らかにした。農業機械の大型化に対応する水田水管理技術を現地実証した。実用化技術を組み込んだ水田農業ビジョンを策定した。
研究分担作物部,生産環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236820
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat