多様化する栽培環境に対応した水稲病害虫防除技術の試験・研究開発

多様化する栽培環境に対応した水稲病害虫防除技術の試験・研究開発

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2016
概要目的:疎植や直播など水稲の生育様相が従来と異なる条件における病害虫の発生様相と防除対策を解明する。
結果:疎植栽培はいもち病が多くなる傾向が見られ、その原因を解明した。鉄コ湛直でいもち病、イネミズソゾウムシに対する「土中施薬」での防除効果を確認した。「青天の霹靂」は、いもち病被害リスクがかなり低く、減農薬でも十分栽培可能なことを確認した。
研究分担病虫部
予算区分県単
業績(1)アカスジカスミカメ多発生圃場にけるクロチアニジン水和剤2回散布の効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236835
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat