青森ブランド野菜の高品質安定生産技術の開発 1.ナガイモの高品質安定生産技術の開発 (1)ナガイモ栽培技術改善試験 イ 品質低下要因の解明

青森ブランド野菜の高品質安定生産技術の開発 1.ナガイモの高品質安定生産技術の開発 (1)ナガイモ栽培技術改善試験 イ 品質低下要因の解明

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2016
概要目的:野菜究所で育成した園試系6(ウイルスフリー)の高品質安定生産技術を確立するため、窒素施用量の変動が平いも等の障害の発生に及ぼす影響について検討する。
成果:ウイルスフリー種苗では土壌消毒を行うことにより平いもと曲がりが増加し、リングは減少した。また、
追肥を行わないことにより平いもが増加した。施肥法の違いによるコブいも発生への影響は判然としなかった。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030236851
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat