酪農経営における高タンパク質飼料の低コスト生産及び利用技術 1 新たな高タンパク質飼料作物の栽培管理技術の確立 (1)大豆WCSの効率的な生産技術の検討

酪農経営における高タンパク質飼料の低コスト生産及び利用技術 1 新たな高タンパク質飼料作物の栽培管理技術の確立 (1)大豆WCSの効率的な生産技術の検討

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2016
概要目的:低コストで自給可能な高タンパク質飼料として飼料用大豆に着目し、リビングマルチを導入した栽培技術を確立する。
成果:栽植密度を高めることで収量が増加した。大豆の収穫期は、葉が黄化し始める10月上旬~中旬が適当である。
研究分担酪農飼料環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237094
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat