ブランド化を促進する果実の生産加工技術の実証研究

ブランド化を促進する果実の生産加工技術の実証研究

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~
H29
年度2016
概要【目的】東日本大震災で被災した沿岸地域農業の復興に向け、リンゴの早期成園化技術等による早期多収、鮮度保持技術の導入による収益増、ユズ等の特産果樹の活用を通じた農商工連携の強化、六次産業化を促進するための基礎となる加工用果樹の低コスト化を図る技術の実証を行う。
【予定成果】リンゴの早期成園化と品質向上技術体系・ユズの安定生産技術の実証、また、特産果樹のブランド新商品や収益性の高い加工品の開発。
研究分担果樹研究室
予算区分受託(国庫)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237228
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat