6次産業化の導入・定着条件の解明と経営モデルの策定

6次産業化の導入・定着条件の解明と経営モデルの策定

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~31
年度2016
概要目的:6次産業化に取り組んだ経営体の現状と契機、現在に至るまでの背景等を整理することにより、導入・定着条件を解明するとともに、類型別の経営モデルを作成する。
期待される成果:県内外の優良事例における6次産業化への取組効果、及び導入・定着条件の解明により、6次産業化の成立条件が明らかとなり、類型別の経営モデルが策定される。
研究分担情報経営部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237350
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat