作業管理システム及び生育予測を核とした大規模施設園芸発展スキームの構築

作業管理システム及び生育予測を核とした大規模施設園芸発展スキームの構築

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~31
年度2016
概要目的:大規模半閉鎖型植物工場の生産額の増加につながる多収に向けた高度複合環境制御技術や、生産性の向上につながる先進技術(ICT等)を活用した省力・低コスト生産技術等の技術開発を行う。
期待される成果:省力・低コスト生産技術の開発により、生産性が向上する。また、生産者・研究機関・普及指導機関でネットワークを構築し情報を共有することにより、技術課題の迅速な解決や先進技術の早期社会実装が図られる。
研究分担園芸栽培部
予算区分受託(国立研究開発法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237376
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat