農作物有害動植物発生予察事業

農作物有害動植物発生予察事業

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間S26~
年度2016
概要目的:毎年同一条件で栽培が行われる圃場での病害虫の発生状況調査、病害虫の発育状況調査及び発生予察法の改善を行う。
成果:H28年度はミカンキイロアザミウマの薬剤感受性検定、野菜・花き・果樹の重要害虫の発生消長調査、リンゴ斑点落葉病に対する殺菌剤の防除効果調査、リンゴ果実のサビ症状発生状況調査、カキ炭疽病分生胞子の飛散消長調査、イチゴ炭疽病薬剤耐性菌のモニタリング、イチゴ炭疽病に対する殺菌剤の防除効果調査を実施した。
研究分担園芸環境部
予算区分県単
業績(1)宮城県におけるミカンキイロアザミウマに対する各種薬剤の殺虫効果と圃場での防除効果の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237391
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat