寒冷地における高糖分型飼料稲栽培と利用技術開発

寒冷地における高糖分型飼料稲栽培と利用技術開発

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2016
概要目的:水田における自給飼料の一つである稲発酵粗飼料は,粗飼料自給率の向上や水田の高度利用を図るため行政支援と総合的な研究開発によって県内では約1,300haにまで作付面積が拡大した。しかしながら,稲発酵粗飼料の給与拡大には至らず,生産と給与との耕畜連携が進まない状況にある。これまで,宮城県では中生の「夢あおば」,極晩生の「ホシアオバ」そして極晩生で茎葉蓄積型の「リーフスター」を奨励品種としてきたが,近年は西日本を中心に消化性の高い高糖分型飼料用稲が期待されてきている。そこで高糖分型品種の県内適応性及び多収栽培を確立するため,高糖分濃度安定のための栽培(施肥・収穫)要素を解明し,サイレージ品質・消化性確認を通じた安定的高糖分多収栽培技術を現地実証する。
成果:1)「たちあやか」は,移植適期は5月上旬頃で,収穫適期は出穂後約49日頃となり,寒冷地においても収穫可能時期であると考えられた。追肥の処理時期により収穫期の茎数や収量に大きな差は認められなかった。乾物収量に占める穂部の割合を考慮すると,その割合が小さくなる8葉期から11葉期の追肥が適すると考えられる。裁植密度は45株/坪の疎植とすることが可能であると考えられる。
 「たちあやか」は,草丈が高いことから,収穫スピードがやや遅くなったが,コンバインに詰まることもなく,刈高は約13cmと往来の専用品種並に低く,また倒伏もなかったことから,収穫ロスは少なかった。収量は,14.6ロール/10aと多収であり,ロールベールサイレージの発酵品質も良質であった。以上のことから,宮城県での適応性は高いと考えられた。
2)「たちあやか」の稲体糖分含有率は,成熟が進むに伴い高くなり,出穂後約49日頃に最大値となり,対照品種を上回った。
研究分担水田利用部
予算区分受託
業績(1)高糖分高消化性の稲発酵粗飼料専用品種の寒冷地適応性について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237438
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat