ブドウべと病に対する薬剤耐性リスク低減化防除体系の構築

ブドウべと病に対する薬剤耐性リスク低減化防除体系の構築

県名秋田県
研究機関名秋田県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2016
概要目的:べと病(葉に斑点やカビが発生して落葉し果実の生育が妨げられる病気)の発生生態、各種防除剤の効果的な使用時期、主要品種に対する果面汚染等の程度を検討する。
成果:本年のべと病感染開始時期は8月13日以降で、薬剤による防除では、QoI剤の効果は耐性菌の影響により低く、マンジプロパミド水和剤(CAA剤)、エタボキサム水和剤(新規系統剤)、アミスルブロム水和剤(QiI剤)の効果が高いことを明らかにした。
研究分担生産技術部
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237568
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat