モモのせん孔細菌病と発芽前防除病害虫の対策を兼ねた秋期防除法の確立

モモのせん孔細菌病と発芽前防除病害虫の対策を兼ねた秋期防除法の確立

県名秋田県
研究機関名秋田県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~28
年度2016
概要目的:モモのせん孔細菌病、縮葉病ならびにカイガラムシ類に対する効果的な秋期防除法を確立する。
成果:せん孔細菌病に対するICボルドー412の秋期2回散布は、感染好適条件下では、翌春の春型枝病斑の増加を抑制できなかった。縮葉病の発生は見られなかった。カイガラムシ類に対する秋期のスプレーオイル散布は、対照区でも新梢への寄生が認められず、効果は不明であった。
研究分担かづの果樹センター
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237569
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat