ユーグレナが比内地鶏の生産性および肉質に及ぼす影響の解明

ユーグレナが比内地鶏の生産性および肉質に及ぼす影響の解明

県名秋田県
研究機関名秋田県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
(H27)

(H28)
年度2016
概要研究の目的
 ユーグレナは単細胞の微細藻類で葉緑体を持ち、光合成をおこなう植物的特徴と、運動性を持つ動物的特徴を併せ持つ生物である。
 ユーグレナは栄養価が高く、将来の食料・飼料素材のみならず機能性食品素材として研究が行われている。
 また、最近では、第二世代バイオ燃料源としても注目されている。
 これまでユーグレナをニワトリへ給与することによって、肉中のタウリン含量が増加することや卵黄中のDHAが増加することが報告されているが、地鶏に関する知見はない。
 本研究では、ユーグレナを比内地鶏へ給与し、比内地鶏の発育や肉質へ及ぼす影響を明らかにする。

試験内容
(1) 比内地鶏へのユーグレナ添加試験
  異なる割合(1.125%、2.5%、5%)のユーグレナを比内地鶏へ給与し、発育等への効果を調査する。
(2) 肉質分析
  ユーグレナの添加が比内地鶏の肉質に及ぼす影響を調査する。

成果のまとめ
(1) 4週齢までの体重は、ユーグレナを添加した区が対照区より有意に優れていた。
  出荷体重には有意な差は認められなかった。
  ユーグレナ添加区は対照区と比較して、飼料摂取量が少なく、飼料要求率が優れる傾向を示した。
(2) モモ肉の肉色は、1.25%添加区においてL*値(明度)が有意に低い値を示した。腹腔内脂肪色に有意な差は認められな
 かった。
(3) 一般成分に有意な差は認められなかったが、添加割合が増加するにつれて粗脂肪含量が増加する傾向を示した。
(4) 1.25%添加区では対照区よりモモ肉中のラウリン酸、ペンタデカン酸、ヘプタデカン酸含量が有意に増加した。
  2.5%添加区、5%区では対照区よりラウリン酸、ミリスチン酸、ペンタデカン酸、ドコサヘキサエン酸含量が有意に増加
 した。
研究分担比内地鶏研究部
予算区分受託
(民間)
業績(1)Euglena gracilisの添加が比内地鶏の発育および肉質へ及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237594
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat