比内地鶏の出荷率向上のための研究 (圧死の原因解明と予防対策)

比内地鶏の出荷率向上のための研究 (圧死の原因解明と予防対策)

県名秋田県
研究機関名秋田県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
(H25)

(H29)
年度2016
概要研究の目的
 近年復調の傾向がみられる比内地鶏生産を今後さらに盛り上げていくためには損耗を予防して出荷率を向上させ、生産者における収益性を向上させることが必要である。
 比内地鶏の育成期間における損耗の大部分が圧死であるため、圧死発生のメカニズムを飼養環境および比内地鶏の行動特性の面から明らかにし、圧死を予防するための飼養管理技術の開発や関連遺伝子の探索を行う。

試験計画
(1) 現地調査
  現地調査及びアンケート調査を行い、出荷成績との関連から、出荷率あるいは生産性向上に有効な飼養管理法を明らか
 にする。
(2) 行動学的調査
 ① 行動観察により放飼条件下における圧死発生リスクの評価方法および圧死予防に有効な飼養管理方法を検討する。
 ② 気質改善を目的とした育種改良の可能性を検証するため、マーカー探索用資源家系の第4世代についてストレス
  反応性の測定並びに遺伝子解析を行う。
(3) マニュアル作成
  得られた知見をもとにマニュアルを作成する。

実績・成果
(1) 現地調査による出荷成績との関連解析
  これまでに比内地鶏生産者55戸への現地視察および聴き取り調査を行った。
  出荷成績との関連解析により、夜間の点灯管理と比内地鶏の増体性との間に有意な関連が明らかになった。
(2) 行動学的調査
  行動学実験の結果から、比内鶏及び比内地鶏は行動的ストレス反応を表出しやすいことを定量的に明らかにした。
  さらに、母系の改良により比内地鶏の気質改善が可能であることを示した。
  また、比内地鶏の初生時における行動的ストレス反応性が出荷成績に影響を及ぼすことを明らかにした。
研究分担比内地鶏研究部
予算区分県単
業績(1)比内地鶏の出荷率向上のための研究(第1報)
 -生産者の飼養管理状況調査-

(2)比内地鶏初生ヒナの行動的ストレス反応性と幼すう期の発育との関連
(3)比内地鶏の初生時における行動的ストレス反応性と生産性との関連
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237599
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat