急激な被害をもたらす森林病虫獣害の調査

急激な被害をもたらす森林病虫獣害の調査

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ-
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2016
概要研究内容:突発性の森林病虫獣被害の発生時における原因の特定と被害状況把握は、被害拡大の防止には欠くことができないことから、初期被害状況の把握と可能な防除法を検討するための調査を行う。
研究成果:県内の平成28年度のその他の急激な被害をもたらす森林病虫獣害は,葉食被害がコナラ・カラマツ等で発生していたクスサン、ケヤキでケヤキフシアブラムシが両者とも6年ぶりに発生していた。アメリカシロヒトリの被害は継続しているが、いずれの被害も枯死木は確認されていない。
研究分担森林生態
保全部
予算区分国庫:交付金(農林水産省)
業績(1)山形県において発生した森林被害Ⅰ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237766
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat