森林資源有効活用作業システム調査 ~先進事業体による取組み事例~

森林資源有効活用作業システム調査 ~先進事業体による取組み事例~

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ-
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2016
概要研究内容:近年、本県の木材生産は建築用材の生産と同時に、小径木、端材等をあわせて収集、生産する全木利用の作業システムが増えてきているが、個々の事業体が手探りで実施している段階でるため、その事例の収集と分析を行う。
研究成果:県内の先進事業体がH24年~H27年まで全木利用低コスト作業システムに取組んだデータを基に生産性を左右する要因について分析した。
研究分担森林資源
利用部
予算区分国庫:交付金(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237770
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat