タケノコ(孟宗竹)栽培林および放棄竹林の管理方法の調査

タケノコ(孟宗竹)栽培林および放棄竹林の管理方法の調査

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ-
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~28
年度2016
概要研究内容:タケノコ(孟宗竹)の本県における適切な栽培・管理のためのマニュアル及び放棄竹林管理のためのマニュアルを作成する。
研究成果:タケノコ生産者が,生産者全体の中での自分の生産物の良悪を客観的に評価する基準として,タケノコの根元径を指標とする評価基準を示した。
 また、鶴岡市で,抜伐り,皆伐,列状間伐の3種類で伐採する実証試験を行い,各試験地の新竹発生本数,胸高直径から復元状況を調査したところ、列状による伐採が最も早く栽培林に復元できることと、伐採後の復元状況や雪害の発生,労働力の面から,本県において抜伐りによって放棄竹林を伐採整備し栽培林へ復元するのは難しいことが判明し、栽培管理マニュアルを作成した。
研究分担森林生態
保全部
予算区分国庫:交付金(農林水産省)
業績(1)山形県庄内地方における孟宗竹タケノコの集荷状況
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237772
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat