県産スギ丸太材の天然乾燥スケジュールの開発 ~県産スギ丸太材の天然乾燥特性~

県産スギ丸太材の天然乾燥スケジュールの開発 ~県産スギ丸太材の天然乾燥特性~

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ-
課題種別試験研究課題
研究期間経H27~29
年度2016
概要研究内容:県産スギ丸太材の天然乾燥における乾燥経過や表面割れの発生状況、含水率変化等の特性を調査し、割れの低減方法、含水率の管理方法等を検討するための基礎的データを収集する。
研究成果:スギ丸太材について、約20月の天然乾燥を行ったところ、末口径30cm長さ4m乾燥前平均含水率90%から約20%に低下した。丸太材の前処理による表面割れの発生は、樹皮を直前に剥いだ方が少なくなる。
研究分担森林資源
利用部
予算区分県単独
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237774
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat