【園芸作物基盤技術開発事業費】 米政策転換に対応した花きの露地新作型とハウス高度利用技術の開発

【園芸作物基盤技術開発事業費】 米政策転換に対応した花きの露地新作型とハウス高度利用技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県庄内総合支庁産業経済部農業技術普及課産地研究室
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2016
概要 水稲育苗ハウス等の高度利用を可能とする品目の安定生産技術として、きくの花束加工向け短期栽培及びストックの開花調節技術を検討した。きくでは、8月上旬収穫に適した定植時期や開花調節方法について明らかにした。ストックでは、長日処理による開花促進効果および遮光処理による開花抑制効果について明らかにした。
研究分担園芸試験場、置賜産地研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030237801
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat