キク白さび病の多発要因の解明と効果的な防除法の確立

キク白さび病の多発要因の解明と効果的な防除法の確立

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ-園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間
H27~29
年度2016
概要目的:品種の白さび病感受性、有効薬剤の選定、効果的な防除法を明らかにする.
成果:白さび病に対して高い耐病性を示す品種は、7月咲き作型で「精はんな」、「精ことひら」、8月咲き作型で「精あかり」、9月咲き作型で「精くちべに」、「精はちす」、「精やすらぎ」、「風船」、「精はやま」であった.
研究分担病虫研究室・花き研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238010
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat