7園芸作物の新品種の育成と選定 (4)りんどうの新品種の育成

7園芸作物の新品種の育成と選定 (4)りんどうの新品種の育成

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~
年度2016
概要目的:紫系極早生・早生F1品種、ピンク系品種、白系早生品種の育成、重イオンビーム照射による変異株の作出。
成果:紫系2013、2014交雑系統は花色のばらつきが大きいためF品種として有望ではないと考えられた。るりおとめ親系統を種子親あるいは花粉親とした交配を6系統行い2系統から種子を得た。2011交雑ピンク発現個体の自殖系統の2次選抜で、4系統から各1個体、1系統から2個体の花色発現の優れた個体を選抜し、6個体の自殖を行って6個体で自殖種子を得た。)2012交雑系統の1次選抜個体および優良中間母本自殖系統で、2系統から各1個体、2系統から各2個体の花色発現の優れた個体を選抜し、6個体の自殖を行い、6個体で自殖種子を得た。白系2014交雑系統の中から有望な系統は得られなかった。紫系統,ピンク系統ともに有用性は認められず、イオンビーム照射による変異株の作出は難しいと考えられる。
研究分担花き研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238175
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat