高汚染地域でのほだ木追加汚染の実態調査と抑止対策に関する研究 (緊急課題)

高汚染地域でのほだ木追加汚染の実態調査と抑止対策に関する研究 (緊急課題)

県名栃木県
研究機関名栃木県林業センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~
年度2016
概要【目的】
栃木県北部における比較的放射能汚染が高い地域で、無汚染原木を用いて原木露地栽培に取り組んでいるにも関わらず、ほだ木の追加汚染が顕著に現れる生産地が散見される。
この追加汚染にかかる要因を明らかにして、追加汚染メカニズムの解明と効率的な汚染への対策法を検討する。
【成果】
ほだ場内外の放射性物質濃度が高い環境では、無汚染ほだ木への付着物等による追加汚染がほだ場全体に生じることが明らかとなった。
研究分担研究部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238267
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat