放射能汚染地域におけるシイタケ原木林の利用再開 ・再生技術の開発

放射能汚染地域におけるシイタケ原木林の利用再開 ・再生技術の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県林業センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~30
年度2016
概要【目的】
原木伐採現場に携行、計測可能な可搬型検査装置を開発し、直ちに利用可能な原木生産林選定方法およびホダ場における汚染ホダ木の排除方法を開発する。また、樹木へのカリウム等施用による放射性セシウム吸収抑制手法を確立するとともに、広域多点調査を基に立地特性と放射能汚染の関係を明らかにし、カリウム等施用により原木生産が再開可能な林分をマッピングしてその面積を試算する。これらの技術と成果を分かりやすいマニュアルとしてとりまとめ、シイタケ原木生産再開を促進させる。
研究分担研究部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238272
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat