開放型畜舎と堆肥舎を対象としたネット利用による脱臭技術

開放型畜舎と堆肥舎を対象としたネット利用による脱臭技術

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~28
年度2016
概要繊維工業試験場及び民間企業等との共同研究によりクエン酸水溶液の散水装置、回収装置及びネットからなるシステムを開発し、「ネット式脱臭装置」特許出願した。また、実規模施設用の部材も開発した。これにより、実規模でもネット全体をほぼ均一に湿潤し、ネットに沿って降下した水を回収することが可能になったので、現地実証試験を行った。乳牛舎および繁殖和牛の堆肥舎で試験実施したところ、ネットの外側ではアンモニアがほぼ検出されず、回収されたクエン酸水溶液に溶解していたので、拡散が抑制されることが確認された。今後は、比較的臭気が濃い養豚や養鶏農家での脱臭効果及び実用性を検証する。
研究分担飼料環境係
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238382
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat