Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 5 水田利用野菜の大規模・省力栽培技術の確立 (3)ブロッコリーにおける大規模・省力化促進のための安定生産技術の確立

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 5 水田利用野菜の大規模・省力栽培技術の確立 (3)ブロッコリーにおける大規模・省力化促進のための安定生産技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2016
概要 苗の定植適期拡大を目的として肥料制限苗と地床苗について試験を行ったところ、地床苗の生育が優れた一方で、肥料制限苗以外は機械定植適性で劣った。定植後の生育促進技術として緩効性肥料の施用と液肥の施用を比較したところ、緩効性肥料の施用の生育促進効果が優れた。現地生産者の水田圃場においては、明渠の有無による生育への影響について調査した。
研究分担東総野菜
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238555
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat