Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 5 水田利用野菜の大規模・省力栽培技術の確立 (6)水田利用野菜の導入上の課題把握を踏まえた開発技術の経営評価と施策提案 2)県南地域における水田利用野菜の開発技術評価と新品目定着条件の解明

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 5 水田利用野菜の大規模・省力栽培技術の確立 (6)水田利用野菜の導入上の課題把握を踏まえた開発技術の経営評価と施策提案 2)県南地域における水田利用野菜の開発技術評価と新品目定着条件の解明

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2016
概要 君津地域のレタス作及び安房地域のナバナ作の経営モデルを作成した。両経営における時期別労働時間の把握は難しい状況にあるが、現在プロジェクトで開発しているナバナの移植機体系、レタス及びナバナの冬季低温耐性の高い品種の選定では、労働競合は想定されないので、今後基本的な経営評価は可能と考えられた。
研究分担研究マネジメント
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238559
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat