Ⅲ 状況変化に対応し、生産力を支える研究の推進 [11] 高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立 3 農薬適正使用技術の確立 (1) 主要病害虫に対する新農薬の効果検定と実用性

Ⅲ 状況変化に対応し、生産力を支える研究の推進 [11] 高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立 3 農薬適正使用技術の確立 (1) 主要病害虫に対する新農薬の効果検定と実用性

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~28
年度2016
概要 主要病害虫に対する新農薬とその実用性について効果試験を実施する。本年度は、ナシ、野菜類等の難防除病害虫を対象に殺菌剤8剤、殺虫剤6剤の防除効果検定を行った。本年実施した薬剤のうち1剤は、対象害虫密度低減効果は認められたものの収穫物の被害が不明瞭であった。これらの結果は、新農薬登録時の効果判定に使用される。
研究分担病理昆虫
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238639
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat