Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [13] 農業の環境負荷軽減技術の開発 1 「ちばエコ農業」支援及び持続性の高い農業生産方式導入のための技術開発 (1)もみ枯細菌病に関する実態調査及び技術対策の確立

Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [13] 農業の環境負荷軽減技術の開発 1 「ちばエコ農業」支援及び持続性の高い農業生産方式導入のための技術開発 (1)もみ枯細菌病に関する実態調査及び技術対策の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~28
年度2016
概要 罹病籾を使用した試験では、浸種、催芽、出芽及び緑化時に適切な温度管理であっても、温湯消毒60℃10分処理では防除効果がやや劣ったが、微生物農薬の催芽時処理を併用することにより防除効果は高まった。また、もみ枯細菌病に登録がある種子消毒剤を使用した場合でも、育苗時の温度管理を怠ると発病が助長されることが明らかとなった。
研究分担水田利用
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238650
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat