哺育管理の違いが子牛の発育等に及ぼす影響の解明

哺育管理の違いが子牛の発育等に及ぼす影響の解明

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H31
年度2016
概要哺育期の子牛の抱える様々な問題を解決し発育をより高めるため、現在推奨されている早期離乳方式を見直し、改善を図る。平成27~28年度は、哺乳中の乾草の給与の有無および人工乳中デンプン水準の違いが、子牛の発育、飼料摂取量および第一胃内発酵に及ぼす影響を検討する。
研究分担乳牛肉牛研究室
予算区分県単
業績(1)乳用雌子牛への乾草または木材クラフトパルプの給与が発育等に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238707
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat