2 水産資源の適切な管理とつくり育て   る漁業を推進するための技術開発 水産資源増殖手法の開発及び効果 の評価 海面における資源増殖手法の開 発及び効果の評価 (1)クロダイ及びマコガレイの放流技術 開発

2 水産資源の適切な管理とつくり育て   る漁業を推進するための技術開発 水産資源増殖手法の開発及び効果 の評価 海面における資源増殖手法の開 発及び効果の評価 (1)クロダイ及びマコガレイの放流技術 開発

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H12~29
年度2016
概要目的:県の重要施策である栽培漁業の推進のため、クロダイ及びマコガレイの標識技術、適正な放流場所及びサイズを検討し、種苗放流効果を把握する。
結果:クロダイは平成24年度をもって終了した。マコガレイについては、放流指標を尾鰭の強度屈曲として内房と内湾で市場調査を行った。また、年齢別漁獲尾数を求めるため、耳石による年齢査定からage-length keyを作成し、水揚げデータの充実を図った。
研究分担資源研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238780
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat