追い移植技術を利用した乳牛の繁殖改善研究

追い移植技術を利用した乳牛の繁殖改善研究

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間新H29-32
年度2016
概要乳牛の繁殖性の低下は、近年大きな課題となっている。これまで畜産技術科では繁殖障害対策として施灸に着目し、農家への普及を図ってきたが、さらなる繁殖性の向上に向けて、新技術として注目されている追い移植の利用を検討する。本技術を乳牛に応用する場合は、黒毛和種精液を人工授精した後に交雑種(F1)胚を移植するが、受胎率改善に至る過程は解明されておらず、また双子分娩による事故や、フリーマーチンの問題も懸念されている。そこで本研究では、追い移植による受胎改善のメカニズムの解明を行うとともに、単子分娩のため乳牛精液を人工授精することが可能となる、単為発生卵を用いた追い移植技術についても検討する。さらに、これまでの研究結果をもとに、追い移植関連技術の普及の可能性を検討する。
研究分担畜産技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238860
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat