3 安全・安心を確保するための技術開発                     (3)安全安心な茶を生産するための技術開発

3 安全・安心を確保するための技術開発                     (3)安全安心な茶を生産するための技術開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~32
年度2016
概要目的:茶園(樹体、土壌)における放射性セシウムの動態を明らかにするとともに土壌から新芽への移行係数を明らかにする。
目標:(1)茶園における放射性セシウムの動態を明らかにする、(2)茶園土壌における放射性セシウムの動態を明らかにする。             成果:トマトにおいてはPDJ500倍希釈散布処理によりミカンキイロアザミウマに対し防除効果が認められ、キャベツのネギアザミウマに対しては寄生前のPDJ灌注および散布処理により忌避効果によって防除効果が得られる等有効な条件が明らかになった。
研究分担北相地区事務所
予算区分県単
業績(1)神奈川県内茶園土壌における放射性セシウム垂直分布の経時変化(第3報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030238934
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat