シカ森林管理一体的推進手法の開発

シカ森林管理一体的推進手法の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県自然環境保全センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~29
年度2016
概要 水源の森林づくり事業について、森林整備の効果を検証するための事業実施箇所のモニタリングで、シカの影響で思うように整備効果の上がっていない箇所が丹沢地域で多いことがわかってきた。
 水源林整備地におけるシカの行動特性を把握して、それに応じた捕獲手法を検討する。また、水源林整備地におけるシカ捕獲後の植生回復を検証する。
研究分担研究連携課
予算区分県単
業績(1)シカの生息する人工林における間伐と防鹿柵設置後の広葉樹実生の更新
―12年間の調査から

(2) シカ密度が低下すると植生はどのように反応するか?
(3)丹沢山地におけるニホンジカ―植生と埋土種子調査の知見から不可逆的影響を知る―
(4)シカ影響下での植生保護柵による森林の保全
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239029
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat