晩播,狭畦無培土栽培によるダイズ黒根腐病発病抑制技術の開発と実証

晩播,狭畦無培土栽培によるダイズ黒根腐病発病抑制技術の開発と実証

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継平27~31
年度2016
概要目的:今後普及が見込まれる品種里のほほえみを用い、狭畦無培土栽培の発病抑制効果を確認するとともに、発病抑止効果の報告がある晩播の効果を検証する。
成果:晩播と狭畦無培土栽培の発病抑制効果は、狭畦栽培の効果は認められるものの、晩播の効果は明確ではなかっ
た。
研究分担作物研栽培科・病害虫チーム
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)ダイズ黒根腐病と大豆の収量性および発病助長要因の解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239092
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat