にいがたオリジナル園芸品種の開発育成

にいがたオリジナル園芸品種の開発育成

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21~ 30
年度2016
概要目的:新潟県の在来品種や特徴のある素材に交雑育種を主体として、野菜ではイチゴ、エダマメ、ナス、 果樹ではニホンナシ、セイヨウナシ、花きではチューリップ、ユリ、アザレアについて、にいがたオリジナル品種の開発育成を行う。
期待される成果:①オリジナル品種育成による産地の活性化と生産の拡大、安定生産に寄与、②県産園芸品目のブランド確立による市場優位性確保。
得られた成果:次の品種を育成した。ニホンナシ「新王」、「新美月」(H24)、「新園9号」(H26)、イチゴ「新潟S3号」(H24)、エダマメ「新潟系14号」(H24)、チューリップ「新潟13号」(H22)、「新潟14号」(H22)、「雪うさぎ」(H25)「雪紫」(H25)、「雪の華」(H25)、アザレア「新潟A9号」(H26)、「新潟A13号」(H26)
成果の受け渡し先:許諾団体を通じて農業者へ。

研究分担育種栽培科
予算区分県単
業績(1)えだまめ早生茶豆品種「新潟系14号」
(2)人工授粉が不要でおいしい日本なし新品種「新美月」、「新王」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239099
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat