各種堆肥・有機質資材の窒素肥効および炭素貯留評価

各種堆肥・有機質資材の窒素肥効および炭素貯留評価

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2016
概要目的:有機質資材・有機質肥料全般に適用できる窒素肥効評価法を開発する。さらに現場で活用できるように評価法を簡便化する。また、共同研究機関で開発される混合堆肥複合肥料や導入される緑肥について炭素貯留効果を評価するとともに、混合堆肥複合肥料を活用した水稲栽培での減化学栽培を実証する。
成果:酸性デタージェント可溶有機態窒素(ADSON)とアンモニア態窒素を指標とした畑条件下での当年度最大窒素肥効(30℃12週培養無機態窒素相当)と速効性窒素(30℃4週培養無機態窒素相当)の評価法を開発した。2種の混合堆肥複合肥料で慣行肥料を代替しコシヒカリを栽培した結果、草丈、茎数、SAPD、稈長、収量、タンパク質、リン酸吸収量、カリ吸収量は慣行と同程度であったことから、同程度であり、4区のみ低い傾向であった。混合堆肥複合肥料は慣行肥料と同等に活用できかつ化学肥料を削減できると考えられた。
研究分担畜産研究センター
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239128
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat