競争力のある機能性素材と品質管理に向けた技術開発 3機器分析による原料及び加工品の評価や解析法の検討 (2)非接触分析法による食品の成分分析手法の開発

競争力のある機能性素材と品質管理に向けた技術開発 3機器分析による原料及び加工品の評価や解析法の検討 (2)非接触分析法による食品の成分分析手法の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27-29
年度2016
概要目的:非接触で食品の成分を測定できる測定方法を開発する。
成果:マダラの肛門にインピーダンス測定装置の電極を挿入し、周波数1KHzで計測を行った。その結果、雌雄で同数値が大きく異なることから雌雄判別の可能性が高いことが示唆された。
研究分担食品工学科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239158
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat