合成フェロモンを利用したダイズカメムシ類の発生予察技術の開発

合成フェロモンを利用したダイズカメムシ類の発生予察技術の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~H29
年度2016
概要カメムシ類多発生ほ場において、現地慣行の莢伸長期MEP粉剤DL+子実肥大期のエトフェンプロックス粉剤DL に、追加防除として、その約1週間後にクロチアニジン粉剤DL を散布することで、被害をほぼ抑制できた。
研究分担病理昆虫課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239248
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat