新富山ブランド米開発加速化

新富山ブランド米開発加速化

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2016
概要・農業研究所内の圃場および現地ほ場にて品種比較試験を実施した。その結果、コシヒカリに高温登熟性、耐倒伏性、いもち病抵抗性を付与した「富山86号」「富山87号」「富山88号」の中から、特に食味が良好であった「富山86号」を選定し、「富富富」の名称で品種登録の申請を行った。
・「富山87号」の生育指標として、着粒数(30,000~32,000粒/㎡)、幼穂形成期の生育(草丈57cm、茎数570本/㎡、葉色4.1)の適正領域を絞り込んだ。分施施肥法については、基肥量をコシヒカリ慣行の2割減とし、穂肥は1.5kgN/10a単位で幼穂形成期とその10日後の施用が適当と考えられた。刈取適期はコシヒカリに比べて4日程度遅くなった。
・肥効調節型肥料の比較試験は、早く溶出する80日タイプで収量が増加し、精米タンパク含有率が低下した。
・有望系統は無防除でも葉いもち・穂いもちの発生が著しく少なく、付与した真性抵抗性は葉はかりでなく穂でも作用していることが示された。
研究分担育種課、栽培課、土壌・環境保全課、病理昆虫課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239256
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat